・ペルーだと人々がいつも遅れてくることかな。みんな他の人が遅れてくることを知ってるから、実際に集まってほしい時間よりも1~2時間ぐらい前の時間を指定する。




↑ブラジルでも一緒だわ。時間に遅れないことってここじゃ重要視されないんだよね。




↑ポルトガルでもそうだわ。時間通りに来たら他の人が来るのを待つはめになる・・・。




・政治の腐敗。俺は今タンザニアにいる。




↑こういうコメを見ると先進国の問題がそれほどでもない気がしてくるな・・・。

 


・強制的な見合い結婚(インド)




(OP)現在でもそういうことってあるの?




↑数十年前と比べれば都市部では恋愛結婚にいくらか移行したけど、田舎の村では異なるカースト間の結婚や恋愛結婚は未だに社会的に許容されていない。実際にそういうことをすると村八分にされる。




・イギリス人の休日での振る舞い。俺はイギリスを代表して、うちの太って日焼けした酔っぱらいとトラブルになったスペインとかドイツの観光客に謝りたいよ。




・スリランカでは女性は24,25歳までに結婚するものだと思われている。あと、ミニスカートを履いて通りを歩けば問答無用で売春婦だと思われる。しかも政府はミニスカートの着用の禁止を考えたことすらある。(苦笑)




・有名人を崇め奉ること




バングラディッシュ人だが、みんながぽんぽん子どもを産むことかな・・・。人口密度を考えろよ・・・




↑バングラ人だが激しく同意。





アメリカ人だけど、反知性主義が一般的に受け入れられているってことかな。 





↑それって受け入れられているだけじゃなくて、一種のプライドみたくなってるよな。無知であったり反知性であることが「本物」とか「地に足がついている」みたいに見られたりする。。




ドイツ人だけど、俺は嫉妬について言わないといけない。ドイツ人は基本的に他人の成功を好かない。成功はいつでも疑念の目で見られるし、金持ちになることはあたかも犯罪のように思われる。

他の人が成功したということを本当に喜ぶと、ここでは普通じゃないみたいに思われるよ。




・イスラエル人だ。ここでは全ての物事についてアラブとイスラエルの衝突が影を落としている。

何か事件が起これば必ず背景にそうした対立がないかと懸念される。人生で休まる日々がないよ・・・。




・オーストラリア人だが、人種差別だな。至るところでこれはあるよ。




・太った人たち




↑デブが社会的に受け入れられるところなんてあるのか? 多くの社会はデブを笑いものにしてると思うんだが。




↑合衆国では「彼ら」が社会なんだぜ・・・。




↑ぶっちゃけ多くのデブが「俺のせいじゃない。俺の遺伝子のせいなんだ!」って言ってるのを見るとマジでイラッとするわ。お前がさっき食ったのは16インチのピザなわけだが!?




・ギリシャ。人々がみんな怠け者だということ。




・カンガルーを食べること。byオーストラリア人




・アメリカ:異常なまでの愛国主義。




飛行機が着陸したときに拍手が起こること




↑パイロットだが拍手を聞くと今日もいい仕事したなって思うんだが




・どんなことにでもSorryって言うところ。(俺はカナダ人)




・自国以外の世界について何も知らないところ。俺がどこの国出身かは想像してくれ!




えっと、アメなんとかって国だっけ?




翻訳元:
http://ja.reddit.com/r/AskReddit/comments/111q5r/which_is_the_socially_accepted_stupid_thing_in/