germans-germans-demotivational-posters-1340047144




(OP)個人的にはドイツとドイツ人の友達が大好きだけど、ドイツに住んでてうざいと思うこともある。

例えば、多くの人(全員ではないが、かなり多く)が普通のミルクは健康に悪く、太る原因になるって考えていることだ。俺のドイツ人のルームメイトは毎日ポテチ一袋食べるくせに、俺が乳脂肪分3.8%程度のミルクを買ってくるとなんか白い目でこっちを見てくる。

加えてドイツの多くのカフェではカプチーノやラテが低脂肪のミルクで提供される。ありえん。




(以下、海外の反応)


・アメリカ人学生だが、日曜日に店が閉まるのにイライラする。カリフォルニアでは日曜日といえば俺が買い物に出かける日だったんだが、どうもここでは違うようだ。さらに悪いことに、日曜になると交通機関のダイヤが変わる。どこかに出かけるときとかとても面倒くさい。

あと、GEMA(注、ドイツの著作権団体)がマジでクソ。

さらに、ドイツ人は仲良くなるのが難しく感じるときがある。大抵は会話を始めるところからスタートなわけだが、その時点で明らかに自分に興味がなくて、ただ礼儀正しく応答してるだけっていうような場合が多々ある。もちろん、それは人によるわけで、俺のドイツ人の友人はいいやつだけどな。

(中略)

で、俺が一番恋しく思うのは、レストランでの無料の水とおかわりだな。俺はよく喉が渇くんだが、ここドイツじゃグラスいっぱいの水を飲むのに1.5ユーロ(およそ200円)もかかりやがる。マジでクソ終わってるから、俺がもし地元に帰った時にはラクダみたいに水をがぶ飲みしてやるわ。




↑公共交通機関のダイヤは、小さな都市では平日でも問題だぜ。

ドイツ人と友達になることに関しては完全に同意。もし彼らが君と友達になりたいなら、きっと彼らはオープンな態度で接してくれるだろう。しかし、もしそうではない場合は・・・わかってるよね?




ドイツ人だが、無料の水orおかわりの件について説明したい。

水を出すってことはグラスや水差しを使用済みにするってことだ。あと、水をウェイターに運ばせる必要もある。もちろん、水それ自体のコストは言うまでもないよな? というわけで誰かがそれらのコストを払わなければならないのさ!

アメリカ人もそのコストは払ってると思うよ。ただ、それは食べ物の価格に組み込まれているからわからないだけ。

一方、ドイツ人は請求書はできるだけ透明性があることを好むんだ。もし、俺が水を頼まなかったら、その分の料金を勝手に請求されたりはしたくないからね!





↑誰かがコストを払わないといけないからといって、それが消費者でなければならない理由はないけどな。英国では法的にレストランやバーやクラブは客に水道水を無料で提供する必要があるよ。水道水を提供しすぎて破産したとかいう例は未だ聞いたことがないな。



 
↑俺は別に水代を請求するのが理にかなっていないとかいうつもりはないけどね。実際、理屈としては間違っていないと思う。ただ、人生のほとんどを水代が無料の土地で育った俺としては、水代が請求されるのは単純にうざいというだけさ。




1年ほどドイツに住んでるアメリカ人としては、店がすぐ閉まるのが不満だな。ここではバーとかレストランとかガソリンスタンドを除くとほぼ全ての店が8時には閉店する。つまり土曜の8時までに食料を買っておかないと月曜の朝までいろいろお預けってわけだ。

まぁこれの背景は完全に理解できるけどね。ドイツは労働者をアメリカよりも丁重に扱う国だってことだ。なのでまぁこういう不便さには我慢できる。





↑90年代には大都市ですら多くの店は午後の早い時間に閉まってたよ。




↑ラッキーな方だろ。確かバイエルン州では午後の6時にスーパーが閉まってたぞ。




↑お前らオーストリアに住んでみろよ・・・。店の営業時間はもっと限られてるぞ・・・




↑10:30から16:30までだよな。労働者の便益が優先されるおかげで。マジで役所とか銀行と同じかよって思うわ。一応、一週間のうち1日は18時とか19時まで営業してる日もあるけど・・・それでもひどいわ。




何にでもカレーをかけるところ・・・。とあるメキシコ料理店の会話・・・。

俺「ウェイトレスさん、なんでタコスにカレーがかかってるの? メキシコ料理はカレーを使わないよ?」

ウェイトレス「だってカレーをかけたほうがおいしいでしょ!」

俺の考えでは多くのエスニックレストランは、タイ料理を除いてかなりドイツ化されていると思う・・・。





↑あるあるあるある。

でも、ちょっと考えてみたけど、ドイツ化することでより多くの顧客(=お金)を得られるとしたら、俺でも自分のレストランをドイツ化するなと思った。




↑メキシコはドイツからはかなり遠い異国だということを覚えておくべき。つまり、アメリカで味わえるメキシコ料理はドイツのクソみたいなのよりかなり品質がいいってわけさ。




俺は同僚が超トルコ人嫌いでかなり引いたわ・・・。




・日曜日だな。ファッキングサンデー。俺はベルリンのかなり郊外に住んでたけど、マジでどこの店も閉まろやがる。しかも一番近い店も電車で40分ぐらいだったという・・・。

あと、フリーのwifiが少なすぎる。エアコンも効いてないことが多い。まぁ俺はアメリカ人でちょっと甘やかされてるのかもしれないけど。。。

それと、水道水だな。俺はただ普通の水が欲しいだけなんだ。それなのに、なぜ普通の水がビールよりも高いのか。水の代わりにビールを飲むほうがマシなレベルだわ・・・。




↑なら、普通に水道水を頼めよ。

あとエアコンだっけ? ここはヨーロッパの北部だぞ。なんでエアコンがいるんだよ?




↑>なら、普通に水道水を頼めよ。

でもタダじゃないじゃん。




・これは俺だけかもしれないけど、なんか食べ物が全体的に超塩っぽい。




↑それほんと? ネイティブドイツ人の俺氏は別にそうは感じないが・・・。




・>普通のミルク

あー、これはオーストラリアやニュージーランドでも同じ感じだわ。なんだって人々は乳脂肪分0.3%以下のミルクを買うわけ? ほとんど水みたいなもんだし、ミルクの味が全然しないじゃん。




なんだっけ、Mettbrotchen(メット・ブレッチェン)とかいう有名なドイツ版スシみたいなやつ・・・。


3150




↑俺は今まで色々なもの(コブラ、カンガルー、猿、クロコダイル、虫、クラゲ・・・etc)を食してきたが、生の豚肉だけは受け付けなかったわ・・・。




だから、俺たちドイツ人はタマネギと香辛料と塩で豚肉を中和するんだぜ・・・  ; ) 




翻訳元:
http://ja.reddit.com/r/germany/comments/1fnts4/a_question_to_nongermans_living_in_germany_what/