classroom-group




(以下、海外の反応)


イングランド「高校? そんなクソな場所に行くことはパパとママが許してくれないと思う! 私立か全寮制の寄宿学校が僕にふさわしい場所だよ。」




運が悪いポーランド:ドイツとロシアの間の席になっていじめられる




↑ポーランドは中学とかで昼食代の金をカツアゲされるタイプの生徒だな。




ドイツ:成績とか物事をきちんとすることをとても気にする真面目な生徒。ただし友達は少ない。




↑高確率でエンジニアリングとか勉強してそう。
 



↑そしていきなり発狂して銃とか乱射するという・・・
 



↑あと、時々クラスでこっそりオ◯ニーして先生に見つかる




↑>成績とか物事をきちんとすることを非常に気にする真面目な生徒。ただし友達は少ない。

いや、これは日本だと思う。

 


↑あとギリシャはいつもドイツからノートのコピーをさせてもらってそう。




・アイルランド:勉強熱心で真面目・・・・・・なんてクソ喰らえ!って感じで金もなく学校を中退するやつ。




↑ただパーティとか得意だから道化的な意味で周りから愛されてると思う




・中国は大家族に育ち、両親が厳しい。いたずらのために学校のコンピュータ・ネットワークをハッキングしたりする




ロシア:このちょっとラリってる感じの生徒は家庭に問題があってそれを必死に隠そうとする。しかし、それは結果として他人への攻撃的な振る舞いとなって表れる。彼はいつも酔っ払ってハイだが、実はかなり賢くそれゆえなんとか良い成績を維持できている。




↑>実はかなり賢く

これはカンニングとか盗用をいつもしていて、それをうまくやる方法を知っているってことだろ。




↑いや、それは中国だな。




・アメリカは高校のジョックだな。自分がしたすごいことをいつも自慢するが、それが他の人にどういう影響を与えたかは全く気にしない。車、女、衣服などすべてのモノをもっている。ただし、実は多額の出費を補うために親が借金をしている。両親の仲にもいろいろ問題があり、そのためアメリカは外でばかり過ごすようになった。アメリカは学校でマイノリティーの生徒を見つけてはそいつが悪いことをしたと主張し、その生徒の家に行って親に言いがかりをつける。




↑あとみんなアメリカのことが好きで、結局彼はフォーチュン500の企業のCEOになる




・薬でラリってる子ども。みんな知ってるよね、オランダです




カナダは多分みんなから好かれてるいいやつ




・イスラエルはなぜかみんなからなんとなく嫌われてる




・日本はクールな携帯を携えてるすごくアート系っぽい子ども。親は誰もが好きなゲーム会社で働いてる。ただし、過去にアジアのマイノリティーの子どもをいじめて物を取ろうとしたのは誰もが知っている。

韓国は北朝鮮の近所に住んでいて過去の出来事のせいか互いに敵視している。

中国は学校の主席で何でも作るスキルをもっているが、大抵の場合クラスの委員長であるアメリカに見下されている。




フランス:可愛い女の子だが気性が激しいビッチ

スペイン&ギリシャ:可愛い女の子だがよく物をねだる





・北朝鮮はいつも誰かと喧嘩を始めようとする小さな問題児




・タイ:可愛い女の子だが男性との関係面では自由奔放。ただし、周りに思われてるほどビッチではない。




・スウェーデン:いつもコーヒーを飲んでる健康的なギーク




・オーストラリア:基本的にニュージーランドとつるんでるが、イギリス、アメリカなどのクールな子どものパーティに行くことも多い。かなりタフでビールの大飲み記録を持つ。見た目がちょっとサーファーっぽい。




・アメリカ:甘やかされて育った金持ちの子ども




・イギリス:かつては何でも得意な子どもだったが、今では自己を哀れむという名の小さな島にこもってしまった。彼は今アイデンティティーの危機に苦しんでおり、カウンセリングを受けさせることも考慮すべきだろう。




このスレ:自分が嫌いな国の悪口を言いつつ自国を褒めるチャンス!




関連記事:【悲報】 遂に日本がオタクグループに分類される


翻訳元:
http://ja.reddit.com/r/AskReddit/comments/1ygxc6/if_your_country_was_assigned_a_high_school/