frabz-Anime-Otaku-What




(以下、海外の反応)


生徒会に入ってると楽しいことが起こる




↑生徒会が学校そのものを実際に支配していたりするよな




↑あるいは生徒会がハーレム状態だったりとかな




もっと一般的に言うなら「学校に行くのが楽しい」とかいう設定だな




・全てのアメリカ人はブロンドヘア




↑>全てのアメリカ人非アジア人は髪がブロンドかつ青い目をしている

直しといたぞ。でもマジでこんな感じだよね。




↑あと・・・態度が・・・大きい




滑って転ぶと、なぜかいつもそこには掴むのにちょうどいい感じのお◯ぱいがある




↑あるいはなぜかスカートの中に頭を突っ込んでたりとかな




↑これがリアルにあったら世界は本当に美しくなっていただろうに




・自分が困惑しているということを表現するためには暴力的なことが必要だということ




↑べ、別にあんたのことが嫌いってわけじゃないんだからね! Baka!




・もし自分の体が濡れてしまったら、すぐにお風呂に入る必要がある。でなければ100%の確率で風邪をひいてしまう




↑そしていったん風邪を引くと、普通の人のように咳やくしゃみをしたりすることはないけど代わりに気を失ったりする




↑ブランケットなしで寝ても同じような状況になるよな




↑日本ではセントラルヒーティングが一般的じゃないからそれは一定の真実味があると思う




キリスト教は司祭と修道女で成り立っていて、彼らはみんな秘密の組織の一員である。そして、だいたい毎日銃を撃ったり呪文を唱えたりしてる。




↑銃を撃たないタイプの修道女はお色気担当だよな




↑カトリック教会がそんな感じだったら俺は今頃キリスト教徒になってるわw




・興奮する=鼻血が出る




これは長年俺をイライラさせた




・あまり社交的ではなくクラスから浮いてる少年が全ての女の子を手に入れ、その少年の友達である社交的で活発な少年は一人の女の子とも付き合うことができないってやつ。アニメには悪いがリアルの恋愛に関してはこれは真実ではない。




自分が負傷したときの正しい反応の仕方は吐血することです




やべ、紙で手を切っちゃっゴフゥ・・・




・自分の攻撃方法や戦術を相手に完璧に教えたとしても、自分が不利になることはありません




↑ブリーチかよ




・叫べば叫ぶほどなぜか強くなる




↑それは実際ありえると思う




パリとかフランスがなんかすごく素晴らしいところみたくなってること




↑これは実際に問題になってるよな。パリを訪れた日本人がパリが自分の想像していた場所とかけ離れていたことに直面して心が病むってやつ。パリ症候群って呼ばれてるよね。まぁこれは日本に特有のことだが。




↑西洋人にとってはどちらかというと日本症候群って感じだよな。特にアニメファンの場合。




・明らかに日本の大地はトランポリンでできているということ。登場キャラが造作もなく建物や山や木を飛び移ったりするのが何よりの証拠。




日本のごく一般的な天気予報:晴れときどき魔法少女




・登場キャラはみんな両親がいないか、両親がいたとしても超多忙。保健室はあるが保健の先生はいない。一番大きいのは男への暴力は簡単にスルーされるということだな。女性としてはこれには特にイライラする。




メカを操縦できるのなら子どもが兵士になるのが許容される




・ツンデレが魅力的だとされる風潮。マジでなぜなのか?




↑ルックスがいいから誰もツンデレとか気にしないからだよ。ブスなツンデレとかいないだろ?




↑ってか最近のツンデレってツンが多すぎてデレが全然ないよな。これがさらに状況を悪くしている。




「全ての男子はベッドの下にエロ本を隠す」とかいう設定。その部屋にはかなりいい感じのPCが置かれているんだが。




・風呂場に複数の女の子がいる=おっ◯い掴みっこフェスティバル




翻訳元:
http://ja.reddit.com/r/anime/comments/1a4g9x/what_is_the_most_annoying_world_myth_that_anime/