ソース:http://www.nytimes.com/2014/04/19/world/asia/japan-says-it-will-resume-whaling-off-antarctica.html?ref=world




(以下、海外の反応)


うわーマジでーこれには本当にびっくりしたよー (棒読み)




↑これを完全に予測していた俺たちはお互いに背中をポンポンするのであった・・・。




↑現在の日本の首相は多分このセリフを言ったに違いないね!






オゥ、ジャパーン・・・・・・さっさと失せろ




↑一方、世界はノルウェーやアイスランドの捕鯨は気にもとめないのであった




↑俺は今スウェーデンにいるけど、ノルウェーやアイスランドの捕鯨を嫌ってる人もいるよ。日本の捕鯨との違いはやはり捕鯨の量にあるのでは?




↑いや量はそんなに違わないだろ。2010年では日本は500頭の捕鯨に対してノルウェーは468頭だよ。




ノルウェーはわざわざオーストラリアの縄張りである南極海まで行って捕鯨してるのか?ってことだろ




・俺は反捕鯨のアメリカ人やオーストラリア人に会ったことがあるけど、彼らは文字通り日本だけが唯一の捕鯨国だと思ってたな。




俺はノルウェー人だけど、人々が日本についてはクッソ文句を言う割には俺たちには誰も文句言わないのにワロタw



 
↑何がワロタなんだよ? 俺たちはきちんと持続的な量のミンククジラを捕ってるって理解してる?




・>オゥ、ジャパーン・・・さっさと失せろ

クジラ肉を今まで食べたことは? 結構おいしいぞ。




・>このプログラムはクジラの頭数が回復していく様子を観測するために必要である byソース

えーと、これはクジラを殺さないとどれぐらいの頭数のクジラが残ってるかわからないってこと?




クジラの数が少なければ少ないほど数えやすいってわけさ!




↑クジラの頭数が回復していくというが何から回復するのか? 答え:捕鯨




というか、北大西洋での捕鯨は日本の「伝統的」な捕鯨じゃないだろ




↑それは多分、西洋諸国が19世紀に日本近海で捕鯨しまくって近海のクジラが絶滅してしまったからじゃね




↑それだな。リアンクール岩礁(注、竹島)って聞いたことあるか? これはその海域で難破した19世紀のフランス船の「ル・リアンクール」からその名前が付けられたんだぜ。では、その船はそこで一体何をしていたのか? もちろん捕鯨だ。フランスからすれば地球の裏側だな。




・現在の日本の研究課題は次の通りだな。

目的:国際司法裁判所の決定に対して日本はどれだけディスることができるか?

方法:捕鯨




・一体何だって日本は世界の日本以外のほぼ全ての国々が明らかに反対しているのにそこまで捕鯨をする必要があるわけ?




↑>世界の日本以外のほぼ全ての国々

さすがにそれは一般化しすぎ。




・まぁ日本はいつもどおり法の抜け穴を突く手法を考えるだろうね




だな。別名、「コンプライアンス」ってやつだ。




いやぁ、まさか日本がここまで長い間捕鯨を停止するとは思わなかったなー (棒読み)




・なるほど、日本は自分たちがどれだけクソ野郎かをアナウンスしたというわけか




・それで実際、彼らはクジラを獲ったあとどうするの?




↑物理学の名の元にそれを食べる!




・国際司法裁判所の命令は思ったより短命だったな・・・-.-




↑実際、国際司法裁判所は計画の内容さえ変えれば捕鯨できるって言ったようなもんだからね。テクニカルな話だけど、日本は国際司法裁判所の決定を回避できて現にそうしてるわけさ。俺は南極海での捕鯨さえ諦めてくれたらと思うよ・・・。




・まぁこれはシー・シェパードが待ちわびていたことだろうね ; )




お前らざまぁ! 俺たちは速攻で捕鯨再開だわwww




翻訳元:
http://ja.reddit.com/r/worldnews/comments/23d2b3/japan_says_it_will_resume_whaling_off_antarctica/