(以下、海外の反応)


・素晴らしい! ちょっと気になったんだけど、このスシを作れるようになるのにどれぐらいかかった? いくつかの巻きはかなり複雑に見えるんだが。  




(OP)サンキュー。スシを作り始めたのは2年前ぐらい。作り始めて1年ほど経ってからyoutubeに自分流のスシのレシピの動画をあげるようになったよ。




↑どこのレストランで働いてるの? というかどこにいったらドラゴンのやつが食べられるの?




(OP)いや、俺のスシはどこのレストランでも食べられないよ。少なくとも今はね。youtubeにレシピをあげてるからよかったら見てってよ。https://www.youtube.com/user/MakeSushi1/videos




・趣味? それとも職業? 食べてみたいけど見た目がよすぎて食べるのがもったいないって思った




(OP)趣味・・・・・・だけど最近歯止めが効かなくなってて職業になるかも。




・やべぇうまそう・・・




・スシ食べたいけど、俺は貧乏すぎてスシを食べに行けないんだぜ・・・





これについてはちょっと言わせてくれ。

なんで西洋人はアボガドとスシを結びつけるの? 俺は最近アメリカでスシを食べたことがあるんだけど、ほとんど全てのスシにアボガドが乗っていてびっくりしたよ。同じことが君の創作料理についても言える。これってアメリカだと普通のこと? あとクリームチーズとかさ・・・。

日本では俺たちはそりゃ極稀にそういうスシを作ることがあるかもだけど、大抵はそうじゃないよ! 俺はアメリカのスシはアボガドとかクリームチーズが乗っかりすぎてて好きじゃないね!





アボガドは美味しいフルーツなんだよ。わかったらさっさとその口を閉じろ!(あるいは口を開けろ。そしたらアボガドを口の中に入れてやる。) 俺は毎日アボガドを食べても平気だわ。




↑そりゃアメリカのスシは西洋人向けにアレンジされてるからだろ・・・。揚げたのとか甘いのとかクリーミーなのとかがここでは愛されているのさ!




↑アメリカ人は何にでもスパイシーマヨネーズをかけるのが大好きだからな。まぁ、俺はもっと伝統的なスシあるいはニギリが好きなんだけどね。だから俺はもっと真に日本的、あるいは少なくとも新鮮な魚をシンプルにさばくということに焦点を当てたレストランに行くようにしてるよ。

ただ、こういった店はyelp(注、食べログ的なサイト)とかではあまり評価されないんだよね。個人的にはとても残念なことだけど。




これは全部うまそう! 俺はドラゴンのやつが好きだぜ!




誰でもスシやマキを作ることができる。・・・俺はこの業界に何年もいたがその果てに俺は誰でもスシについて自分独自のスタイルやテクニックを持っているという結論に至った。必要なのは我慢強さと自分の好きなようにスシを作り続けるということとスキルを絶えず磨き続けるということだ。




・いいね。食べられるアートだ。




・これはかなりよくできてると思うが、アメリカンスシ(あるいはアメリカナイズされたスシ)と言うべきだろうね




・四角い巻きがすばらしいと思う




・さっさと俺の口に入れていいぞ




OPがジャポニカ米を使ってるのを称賛する。俺の住んでる場所では「スシ」レストランを自称する店の99%は長粒種のインディカ米を使っているからな。個人的にはそのせいでスシがだいぶ台無しになってると思う。




・スシ見習いになってちょうど3ヶ月経つけど、これにはだいぶ刺激を受けたよ!




・3Dフードプリンタがあったらなぁと思った




・俺は魚が基本的にダメなんだがこれはかなり素晴らしいと思ったしちょっと食べたいと思ったぜ




俺は自分オリジナルのスシを作りたいといつも思っていたが、これを見て諦めた




・サーモンのやつが最高に食べたい




クソッ、腹が減ってきたぜ・・・。




・(おまけ)寿司対決 日本 vs アメリカ





翻訳元:
http://ja.reddit.com/r/pics/comments/1rzw26/the_sushi_hall_of_fame_all_made_by_me/