衝撃ネタ



     




    「ハハ・・・頼むから僕のことを食べないでおくれよ・・・ハハ・・・」




    ↑2回目に動画を見たときは彼の笑いがそんな風に聞こえたわ




    ・虎のうなり声がめちゃくちゃかわいい




    ↑かわいいけど同時にめちゃくちゃパワフルだよね


    【海外】 だるまさんがころんだレベル:虎の続きを読む



    ioGhN2S




    この写真を見ると、あの日の夜を思い出すよ。その夜、俺はすでに酔っていたんだがもう一杯飲みたくて5ドルをウェイトレスに払ったんだ。そのとき、俺は20ドル札を彼女に渡した。でも、お釣りとして返ってきたは5ドルだけだった。

    「えっと、ドリンク代っていくらだったっけ?」と俺は言った。すると、彼女はすぐさま「あ、すみません。忘れてました。」って言って、残りの10ドルを返してくれた。

    基本的に俺は他人を信頼する人間だと思う。しかし、このときばかりは彼女はたぶん俺がすごく酔っ払ってお釣りを数えることができないだろうと期待してそうした行動を取ったんじゃないかと思う。





    ↑俺の友達に長年酒を断っているやつがいる。数ヶ月前、その友達は彼の仕事の仲間と親交を深めるために、クラブに酒を飲みに行ったんだ。そのとき、彼は飲まなかったが、一本500ドルするボトルを注文してみんなとシェアした。彼は500ドル+チップ100ドルの計600ドルの領収書にサインをし、カードで代金を払った。その後、彼の仲間は酔いつぶれるまで飲んだが、彼はレッドブルしか飲まなかった。彼にとって何も問題は起こっていないように見えた。

    後日、彼はカードの請求書に600ドルではなく、1600ドルの数字が刻まれていたのを見つけた。あの夜に注文を受けたウェイトレスが「1」という数字を600ドルの前につけたのは明らかだった。きっとウェイトレスは彼らは酔いすぎて注文した酒のことを覚えていないと思ったのだろう。

    彼はクラブを再度訪問し、彼がサインをした領収書を提示するように求めた。しかしクラブ側はそれはできなかった。

    その後起こったことについては記憶が定かではないが、確か彼は結局500ドル分のチップなしの代金だけを払うことになったと思う。
     



    ↑カードの支払いについて店側とカードの保有者の間で何らかのトラブルがあると、銀行はカードの保有者の味方をする傾向がある。だから、そういう場合に備えて店側は領収書を年単位で保管してるんだよね。俺が働いたことがあるガソリンスタンドは全ての領収書のコピーを箱のなかに入れて取っておいてたよ。

      【アメリカ】 ヒャッハー!酔っぱらいは最高にチップの気前がいいぜwwwの続きを読む



    3Fka8Q1




    評価:A+




    ・>"It have safety system you are not die. Don't worry"(訳:セーフティーシステムがついてるから死んだりしません。大丈夫です。)

    買うわ。




    ・悲しすぎて何も言えない・・・。


      【海外】 韓国のとある高校生が書いた答案が悲しすぎると話題に・・・の続きを読む






    1:08以降を何度も見なおした。ドライバーは勲章ものだな。




    ↑そのシーンのオリジナルのビデオを見たことがある。確か、道路の真ん中を歩いているのは自殺志望者だったような。まぁその人の試みは超一流のドライバーによって阻止されたわけだが。




    ・俺は2:47の父親こそが勲章をもらうべきだと思うな。




    ↑同意。彼はすぐに自分の娘が無事かどうか確認してる。ちょっと感動した。


    【海外】 ソビエト・ロシアでは「死」が人を避けるの続きを読む

    このページのトップヘ